2012年度
PTA教育講演会

 演題 「お菓子の力とは〜菓子づくりから人づくりへ」

講師 山本 隆夫 氏

 『親と先生の井戸端会議 〜何でも話して
             みよう、聞いてみよう〜』

学年別懇談会

 PTA教育講演会・学年別懇談会開催

クラブハリエ社長 山本隆夫氏、
    「お菓子に込められた心」を語る!

 10月6日(土)爽やかな秋空のもと、河西公民館を会場としてPTA教育講演会・学年別懇談会が開催され、保護者・教員合わせて58名の参加を得て好評のうちに終わりました。
 前半の教育講演会では、クラブハリエ社長山本隆夫氏をお招きし、「お菓子の力とは〜菓子づくりから人づくりへ」と題して、講演を聴きました。「たねや」という老舗菓子店の息子として生まれながら、必ずしも打ち込む対象が見出せなかった青春時代の彷徨。その後さまざまな挫折体験を経ながら、次第に菓子づくり職人としての自覚に目覚める修業時代。ついにはWPTC(洋菓子の国際コンクール)に出場して、世界一の栄冠に輝くまでのサクセスストーリー。飾らない語り口と、随所にはさまれるユーモアが、最後まで聴衆を引きつけました。終了後、保護者からは「とても良かった。ぜひわが子にも聞かせたかった。」といった感想をたくさんいただきました。 
 後半の学年別懇談会では、保護者と教員が膝突き合わせ、日頃の悩みや要望をぶつけ合いました。保護者側からは、わが子と進路選択について充分コミュニケーションがとれない悩みについて相談がありました。一方、北高へ入学後、不登校が解消したという発言もありました。さらに3学年では、進路決定後の学習の無気力化や、評定成績の連絡について、保護者から実情と要望が出されました。両者の話し合いから、今後とも保護者と教員間の連携をより緊密にしていく方向で一致しました。