生八つ橋手作り体験

プリント用集合写真

嵯峨野トロッコ鉄道

生八つ橋手作り体験、大いに盛り上がる
     〜PTA研修旅行に参加して〜

 10月17日(木)、朝からあいにくの曇天でしたが、保護者・教員合わせて42名がバスに揺られ、学校を出発しました。今年は京都方面ということで、嵐山渡月橋の前でバスを降り、天龍寺などを散策しつつ思い思いにトロッコ嵯峨駅へと向かいました。ホームで列車到着を待つ間に、とうとう篠突く雨となり、列車に駆け込み乗車。車中ではユーモラスなアナウンスを聴きながら、眼下の渓流に目を凝らしました。断崖の所々にライトアップ設備もちらほら見えて、紅葉の時期に再度訪れたいと思わせる景色でした。終点の亀岡駅で先回りしていたバスに乗車、二条城横の全日空ホテルへと急ぎましたが、渋滞で時間を要し、レストランに着いたのは1時半、皆さん空腹を抱えていました。それから約1時間半のランチタイム、大皿がめまぐるしく行き交う食欲には、ほとほと頭が下がります。食事が終わると、再度バスにて西京極まで移動、生八つ橋庵嵐山散策へと向かいました。若い女性店員さんの指導を受けながら、きな粉をまぶした餅粉を薄く引き延ばし(これが案外難しい)、四角に切って粒あんを挟めば出来上がり。しきりに質問を連発して、女性店員さんを困惑させる教員もいたりして、賑やかなことこの上なし。最初は不格好だった作品も3個作る間に少しは上達して、おみやげに持ち帰りました。(なぜか家族には食べてもらえませんでしたが…)
 珍しく天気には恵まれなかったPTA研修旅行でしたが、保護者・教員とも互いの親睦を深めた愉快な一日でした。