10月13日(水)、秋晴れの一日、保護者・教員合わせて43名がバスに揺られ、PTA研修旅行に出発しました。まず訪れたのは桜並木の通り抜けで有名な大阪造幣局、500円玉や100円玉の製造工程の説明を受けた後、江戸時代の大判・小判など貴重なコインの展示を見て回りました。来年後半には滋賀県の図案をあしらった1000円銀貨(ただし頒価は6000円!)も発行される予定だそうです。お楽しみに。
 お昼は、難波にそびえるスイスホテル南海大阪で36階からの眺めを楽しみながら、豪華なバイキングに舌鼓を打ちました。ご婦人方は、さまざまなスイーツに目がないようです。時間が迫っても立ち去りがたいようでした。
 昼食後は水上バス「アクアライナー」にて、大阪城港から1時間の水都めぐりを楽しみました。満潮時には橋脚にぶつからぬよう、船の天井が下りてくるのには驚きでした。川面から見上げる天神橋や難波橋のレトロな街灯に風情が感じられました。
 短い時間でしたが、秋の好日、見聞を広めお互いの親睦を深めた充実の一日でした。

好天に恵まれたPTA研修旅行

プリント用集合写真

受付・出発

集合写真