命の大切さを学ぶ教室

将来を担う高校生が、被害者への思いやりの気持ちや一人ひとりができることを考えるため、滋賀県警察本部の協力のもと、命の大切さを学ぶ教室を実施しました。
今回は、交通事故被害者のご家族の方から、事故で受けた様々な「痛み」、子どもを亡くした親の思い、命の大切さを直接語りかけていただきました。
県警察本部警察県民センター佐伯様より、今回の事業の説明や講師の紹介をしていただきました。
その後、竜王町在住の田中夫妻より、「命の大切さを伝える 〜被害者にも加害者にもならないで〜」と題した講演をしていただきました。
様々な思いのこもったお話に生徒たちは、真剣に聞き入っていました。